雨の日の痴漢凌辱。黒髪少女が悪戯されて・・・2

      2017/03/04

 

雨の日の痴漢凌辱。黒髪少女が悪戯されて・・・1

雨の日の痴漢凌辱。黒髪少女が悪戯されて・・・2 now1

雨の日の痴漢凌辱。黒髪少女が悪戯されて・・・3

 

 


「・・・!?」

自分の腰に手を当て、そこから下に手を下ろせば、スカートの捲れは元に戻る。

そのつもりで手を後ろに回すと、突然何者かに手を掴まれた。

(な・・・何!?)

予期せぬ出来事に、あいは恐怖を感じる。

振り向いて何事か確認しようかと思った矢先、掴まれた手が誘導され、何か硬いものを触らされる。

(これ・・・男の人のオチン・・・!?)

心の中でさえ、男性器の名前を呼ぶのは憚られる。

パニックになっていると、手の平からびくり、びくりと跳ねる感触が。

(えっ・・・)

少女の小さく柔らかい手に触れられ、痴漢の剛棒が反応しているのだ。

だが、無垢な少女には男の反応が理解できない。

なぜ、そんなに硬くなるのか。

なぜ、動くのか。

恐怖で体が強張り、喉が貼りついたように声が出せなくなる。

その怯えは、掴まれた手から痴漢へと伝わる。

ニヤリとほくそ笑んだ痴漢は、空いた手で少女のふとももを撫で始める。

(ヒィッ・・・!)

異性に触らせてはならないふとももを、誰かもわからない人間に撫で上げられている。

トリハダの立つようなおぞましさに、首をすぼめ耐えるあい。

その様子を見て、騒ぎ立てないと確信した痴漢は、瑞々しい少女のふとももを堪能する。

前から側面、そして後ろへ。

大きく、円を描くように撫でまわし、感触を確かめるようにときおり力を入れる。

あいは、強く足を閉じ、突如襲った不運が過ぎ去るのを待っていた。

痴漢の手が、閉じられたうちももへとやってくる。

(そこはっ・・・)

外側ですら気持ち悪いのに、内側なんて触られるわけにはいかない。

必死でふとももに力を入れ、魔指を拒もうとする。

だが、柔らかい少女のふとももに、男の指を拒める力もなく。

いともたやすく、両足の間に差し込まれてしまう。

いざ侵入してしまえば、今度は両脚で痴漢を喜ばせることになってしまう。

男は、五指を波打たせ、ふとももに挟まれる悦楽を享受している。

(やめっ・・・)

動きを止めようと、あいはさらに足に力を入れて閉じようとする。

しかし、男にとってはふとももの刺激が強くなり快楽が増すだけだ。

少女は痴漢が何を持って快楽と感じているかわからず、自分の行為が相手を喜ばせているのだとは思いもしていなかった。

(やっやだ・・・)

ふとももの間の指が、じわじわと上がってきていた。

このままでは、秘裂に届いてしまう。

なんとか止めさせようと、後ろ手で痴漢の腕を掴む。

少女の非力さで拒めるはずはないのだが、魔指の上昇が止まった。

ほっと安心し、気が緩んだ瞬間、痴漢のもう一方の手が胸元に伸びてきた。

(えっ!?そんなっ―――)

 

 

次へ

 

 - エロ小説, 痴漢 , , ,