露出系アイドル愛莉のお礼・・・2

      2017/03/04

 

愛莉シリーズ

 

露出系アイドル愛莉のお礼・・・1

露出系アイドル愛莉のお礼・・・2 now!

露出系アイドル愛莉のお礼・・・3

 

 


 

 

愛莉の電話から3日後、約束の晩餐のため、圭一はホテル・オーソラへやってきた。

案内された個室には、驚くことにすでに愛莉が入っていた。

「お待ちしておりました」

立ち上がり、上品に挨拶をする。

アイドルといえば、上品というより明るく元気なイメージを売っている商売と認識していた圭一は、その物腰の柔らかさに驚く。

 

今日も、あの時と同じ制服だ。

ただ、これは学校の制服ではなく、アイドルグループの衣装のようだ。

圭一は、愛莉の所属するアイドルグループに疎かったので、ただの制服だと勘違いしていたが、テレビに出演する愛莉を気にするうちに、それが衣装であることに気付いた。

 

案内してきたウェイターが個室のドアを閉めると、完全な密室となり、少女の匂いが立ち込める。

同年代の熟れた女と違う瑞々しい色香に、あの日の痴態が重なり、ムクムクと欲望が起き上がってくる。

それを隠すように、テーブルの向かいへと座る圭一。

 

「前田さんは、ふだんどんなお仕事を?」

あたりさわりのない会話。

仕事相手であれば、面倒な会話だが、相手は国民的アイドルだ。

ニコニコと愛らしい笑顔で聞くその姿に、どんなことでも答えてしまうような魅力を感じる。

 

豪勢なディナーであったはずが、いつのまにか食べ終わっていた。

愛莉との会話に夢中になりすぎ、せっかくの高級料理の味もわからないほどだ。

 

「失礼いたします」

ウェイターが食後にディジェスティフを持ってきた。

ブランデーのようだ。

 

「おや?愛莉さん、お酒は・・・」

話に夢中になっていたが、食事中もどうやら愛莉は酒を飲んでいたようだ。

「フフ。圭一さん、私、これでも20歳なんですよ?」

「あ、これは失礼」

童顔なうえ、制服に見える衣装を着ているため、どうしても高校生に見えてしまう。

 

お酒とトーク力で、いつのまにか二人は下の名前で呼ぶようになっていた。

「ね、圭一さん」

少しトーンを落とし、改まった口調の愛莉。

 

「あのとき、私がおしっこをしている姿、見えていましたよね」

「ブフォッ・・・!グッ・・・、な、何を・・・」

思わず咽る圭一。

あの時、背を向けていたが、エレベーターパネルの上に鏡が付いていたことを、愛莉も気付いていたようだ。

 

「そ、その・・・見る気はなかったんだが・・・」

「いいんです。それで、どうでした?」

「ど、どう・・・とは・・・?」

「興奮・・・しましたか?」

 

(愛莉は何を言っているんだ・・・)

アルコールのせいなのだろうか、妖艶な笑みを浮かべながらなじる愛莉。

「興奮・・・しましたよね?だって、あんなに大きくなっていましたもの・・・」

 

そう。

あの時、屈んで小便をしている愛莉の姿に、はちきれんばかりの勃起をしていた。

そして、それを見られていたのだ。

 

「私も・・・興奮しちゃいました・・・」

カチャン

愛莉がテーブルに置いていたスマホを落とした。

「あら・・・拾ってくださる?圭一さん・・・」

小便姿を覗いていたことを咎められ、逆らえなくなった圭一は、テーブルの下へと潜り込む。

 

「・・・っ!?」

ふと目を上げると、目の前には愛莉の下半身があった。

短いスカート。

そこへ伸びていくムチっとしたふともも。

視線が集中していることに気付いた愛莉が、ゆっくりと脚を広げていく。

 

 

次へ

 

 - エロ小説, 露出 , , , ,