脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!23

   

 

脱出ゲームシリーズはコチラ

 

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!1

 

精液輸送編

 

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!22

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!23 now!

 

 


 

 

「んあっあぅ・・・」

 

「朝倉っちょっと待ってっ・・・」

 

酔った朝倉が俺の上に跨り、一心不乱に腰を動かしてる。

 

羞恥心が消えているのか、俺のちんこの根元から先端まで、全体をマッサージするように動いてる。

 

 

「朝倉っキスしよっ・・・」

 

「んぇ?ぅぁ・・・」

 

酔いが醒めたら怒るかもしれないけど、トロンとした朝倉がかわいすぎて、キスせずにはいられなかった。

 

朝倉の舌が俺の舌に絡んできて、とてつもなくエロい。

 

下半身の結合を想像させる艶めかしい舌遣いが興奮を加速させる。

 

ちんこに血流が流れ込み、一回りサイズが大きくなった気がする。

 

「あはっ・・・こぇ、おっきくなった・・・」

 

「ここっきもちー」

 

たぶん朝倉の性感帯なんだろう。

 

ちんこの先端を一箇所にこすりつけるように腰を動かし始めた。

 

なんとなくざらざらした感じがして、こっちも気持ちいい。

 

朝倉が正気に戻ったら、ここを刺激して反応を見るのが楽しみだ。

 

 

「あふっ・・・きもち・・・イきそ・・・」

 

腰の動きが激しくなる。

 

「あっ・・・朝倉っ待ってっ・・・」

 

ナカが気持ちよすぎて、激しくされたら耐えられない。

 

このままじゃ中に出しちゃいそうだ。

 

 

ワイングラスまで精液持って行かなきゃならないんだけど、今の朝倉にそれが理解できてるんだろうか。

 

「朝倉っワイングラスっ・・・」

 

「ふぇ?にゃにー」

 

絶対わかってない!

 

 

「あぁっ・・・だめっだっ・・・朝倉っストップストップ・・・」

 

だめだ、ガマンできない・・・

 

「うあっ」

 

「んはぁっ・・・びゅるびゅるしてるぅ・・・」

 

たまらず朝倉のナカに出してしまった。

 

できれば無駄うちせず、ワイングラスに溜めてほしいんだけど・・・

 

 

「朝倉・・・?」

 

「えへへぇ・・・」

 

あ、だめだ。

 

気持ちよさそうな顔してヘタりこんでる。

 

 

「おーい・・・」

 

「・・・」

 

そのまま寝ちゃったらしい。

 

ちんこが抜けて、朝倉のナカから精液が溢れてきた。

 

「朝倉ぁ・・・」

 

呼びかけても反応がない。

 

仕方ない、少し俺も休もう。

 

 

 

 - エロ小説, 脱出ゲーム ,