脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!3

      2017/03/04

 

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!1

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!2

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!3 now!

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!4

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!5

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!6

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!7

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!8

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!9

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!10

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!11

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!12

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!13

脱出ゲーム!えっちな指令をクリアーせよ!!14

 

 


 

 

コンドームを取り出し、ズボンを下ろす。

しかし、こんな状況では勃起もままならない。

「ねえ、もう出た?」

「まだだよ・・・男は、エッチなオカズがないと勃起しないんだよ」

「なんとかしなさいよ!」

なんとかって言われても・・・。

「なあ、ちょっとオカズになってよ」

「ハァ?アンタばかじゃないの!?」

「だって、無理だよ・・・」

なんとか勃起させようとシゴいてみるが、やはりどうにもならない。

焦れば焦るほど、ちんこは縮こまるようだ。

「ねえ、私がオカズになるって、どうしてほしいのよ?」

「は・・・はだかになるとか?」

「っ・・・!できるわけないでしょ!」

「じゃ、じゃあ、パンツ!パンツ見せてよ!」

「そ、それでちゃんとできるんでしょうね!」

「朝倉のだったら絶対大丈夫だよ。だって俺朝倉のこと好きだし!パンツ見たら超興奮する!」

必死の説得で、ついうっかり告白してしまった。

「そ、そう・・・。そっち、向いていい?」

「あ、ま、待って!」

勃起していない俺のチンコは、仮性包茎のお子様ちんこ。

あわてて皮を剥く。

「ふんっ、それがアンタの・・・」

朝倉が馬鹿にするような声を上げた。

「・・・あんまりじろじろ見るなよ」

「べ、別に見てないし!アンタのこと男だって意識してないから、気にしてんじゃないわよ!」

じろじろと見られて、今まで全然反応がなかったペニスが大きくなってきた。

「え、まだパンツ見せてないのに・・・」

朝倉が目を大きくして驚いている。

むくり、むくりと、浮き輪に空気を入れていくような膨らみ方。

ついには大きくそそり立ち、上を向いてしまった。

「へ、へぇ・・・勃起しちゃったんだ・・・」

朝倉、意識してないとかいいながら、ペニスに興味津々じゃないか・・・。

恥ずかしいけど、準備は整った。

でも、まだ朝倉のパンツが見れていない。

「ね、ねえ。パンツ・・・」

「も、もう勃起してるんだからいいでしょ!はやく出しなさいよ!」

朝倉のパンツを見るという絶好の機会を失ってしまった・・・。

仕方なく、コンドームを被せ、ペニスをしごく。

「男ってそういう風にするんだ・・・」

顔を真っ赤にしながらちんこを凝視する朝倉。

この妙なシチュエーションが、想像以上に昂ぶらせる。

「うくっ」

びゅっびゅっびゅっ

あっという間に射精してしまった。

しかも、結局オカズらしいオカズもなく、女の子に見られていたというだけで。

「出たの?」

「・・・うん」

賢者タイムが訪れ、恥ずかしさに自己嫌悪になる。

だが、脱出のためには仕方なかったと言い聞かせ、次の行動に移る。

「これで、出れるはずだよ」

「・・・あ。・・・う、うん」

なぜかぼーっとしていたらしい朝倉が、慌ててドアのほうへ向かう。

これで脱出できる。

朝倉のパンツを見れなかったのは残念だけど、こんな場所にいつまでもいるわけにはいかないもんな。

つづく

 - エロ小説, 脱出ゲーム , ,