ほのか、彼氏の親友と満員電車へ。意外なほど紳士的な剛史くん・・・1

      2017/03/04

 

ほのか、彼氏の親友と満員電車へ。意外なほど紳士的な剛史くん・・・1 now!

ほのか、彼氏の親友と満員電車へ。意外なほど紳士的な剛史くん・・・2

 

 


 

 

やっぱり朝はキモチイイ。

学校までの電車通学は大変だけど、駅までの道の新鮮な空気を吸うと、今日も頑張ろうって気持ちになる。

「おっすー、ほのかちゃん」

「ぅ・・・、お、おはよ、剛史くん・・・」

私は、この人が苦手だ。

学校の同級生だったけど、今まで同じクラスになったこともないし、素行が悪いって友達から聞いていたこともあって、できれば関わりたくないって思ってた。

だけど、まさかカレシの友達だなんて。

先週、部活仲間の紹介からついに彼氏彼女の関係まで発展したヒロ。

初めて付き合う男のコで、まだ手を握るだけでドキドキする。

なのに、剛史くんは馴れ馴れしく、すぐに肩を抱こうとしてくる。

ヒロが「親友だ」って紹介してくれたから、あんまり邪見にすることもできない。

「ね、ねぇ。剛史くんって、彼女でもないコでもそうやって触ってくるの?」

言外に「触らないで」って意味を含めて問いかけるも。

「あ?別にたいしたことじゃねーじゃん?」

と、気にしていないようだ。

私がオクテすぎるだけなんだろうか。

心の奥底にもどかしい思いをしまい、仕方なく一緒に学校へ行く。

「しっかし、電車の混みっぷりハンパねーな」

そう。

この路線は、いつもぎゅうぎゅう詰めになる。

高校を決めるとき、電車通学のことなんて頭になくて。

このことを知っていたら、絶対歩いていける学校にしていたのに。

「ま、今日はほのかちゃんのことは俺が守るから、安心しろよな」

軽い調子で剛史くんがポーズを決めている。

この路線にも早く女性専用車両が導入されればいいのに。

「まもなく、3番線に電車が参ります。黄色い線の内側に下がって―――」

アナウンスが流れ、ホームに電車が滑り込んでくる。

大勢の人が溢れ出てくるが、それ以上の人が吸い込まれていく。

殺気立つサラリーマンの波に翻弄されながら乗り込むと、目の前に剛史くんが。

「大丈夫、ほのかちゃん?」

「・・・ん。大丈夫」

心配してくれるのはいいんだけど、これじゃ抱き合ってるみたい。

剛史くんの胸元に顔を押し付け、後ろからさらに乗り込んでこようとする人波に押され、胸まで押し付ける結果になってしまった。

チラリと剛史くんの顔を見上げると、なんでもない風に笑っている。

おっぱいが触れていることを気にしているのは私だけ?

「苦しくない?」

剛史くんがうまくスペースを作ってくれて、一人で乗っているより楽な体勢でいられる。

距離感が近くて苦手だと思っていたけど、意外に紳士的なのかも。

ヒロの親友だもん、やっぱり噂ほど悪い人じゃないのかも。

 

 

次へ

 

 - エロ小説, 痴漢 , ,