痴漢と教師と教え子さくら・・・3

      2017/03/04

 

さくらシリーズ

 

痴漢と教師と教え子さくら・・・2

痴漢と教師と教え子さくら・・・3 now!

痴漢と教師と教え子さくら・・・4

 

 


 

 

ある日の放課後。

霧島さくらは机とロッカーを往復していた。

カバンに入れていたはずの財布が見当たらない。

お金はたいした額ではないが、定期券や学生証も一緒だ。

特に定期券がなければ、家にも帰れない。

「霧島」

振り返ると、教室の入り口に高橋が立っていた。

またあの日の痴漢騒ぎを蒸し返すつもりかと、警戒心で表情が硬くなる。

「財布、なくしたろ?」

「えっ!?」

なんで知ってるの?

まさか・・・

「財布を拾ったって人から電話が来たぞ。ほら、コレ」

連絡先の書かれたメモを手渡される。

朝の電車で拾ったらしいが、忙しくて駅にも交番にも届けられなかったらしい。

「夕方5時過ぎには帰ってるらしいから取りに来てくれだとよ。最寄り駅までの電車賃は貸してやるよ」

「あ・・・ありがとうございました」

さくらはほっとしていた。

あの日のことは、忘れたい記憶だ。

誰にも穢されたことのない膣にパンティが食い込み、振り払おうと思ったときには痴漢の指も潜り込んでいた。

突然のことで恥ずかしく、身動きが取れなかったのをいいことに、痴漢の指先がいやらしく秘穴を蠢き、柔らかい肉壁をこすりあげられ、悦楽に支配されてしまったのだ。

痴漢なんて気持ち悪いって思っていたのに、あんなに気持ちよくなって・・・

意思とは無関係に、しとどに蜜をしたたらせてしまった屈辱を、誰にも知られたくない。

あれは、「なかったこと」なのだ。

もう忘れよう。

気がつけば、もう夕方5時を回っていた。

メモされた電話番号に連絡すると

「はい、沢城ひろこです」

少ししわがれた、年上の女性の声だった。

「はいはい。お財布は、確かにわたしがお預かりしていますよ。ごめんなさいね、足があまりよくないもんだから、取りに来てもらえるかしら」

女性だったことで、さくらは何の疑いももたず、そこへ向かうことにした。

 

 

痴漢と教師と教え子さくら・・・4

 

 - エロ小説, 痴漢 , , , ,