弟が怪我!手を使えない翔太の朝の準備で・・・1

      2017/03/04

 

弟が怪我!手を使えない翔太の代わりにおしっこを手伝うと・・・の後日談です。

 

弟が怪我!手を使えない翔太の朝の準備で・・・1 now!

弟が怪我!手を使えない翔太の朝の準備で・・・2

 

 


 

 

「翔くん、おっはよー」

弟の翔太が交通事故にあった翌日。

退院したけど、両手を骨折して何もできない弟の部屋にやってきた。

「・・・んぅ、おはよ・・・」

「ほらほら、着替えるよー」

「・・・っ!ちょ・・・ちょっと待って!」

「何言ってるの、朝ごはんもできてるのよ?早く着替えよ?」

問答無用。

もじもじしている翔太をふとんから引き剥がし、服を脱がしていく。

「やだったら!やめてよっ」

なにやらすごい抵抗だ。

普段はお姉ちゃんっこなのに、どうしたんだろう。

「ほらほら、いいから!・・・あれ?」

強引にシャツを剥ぎ取り、ズボンを下ろそうとしたところで、何かがひっかかった。

「あ・・・」

勃起・・・してるんだ・・・

「ん、あ・・・朝だもんね!普通だよ、こういうの!」

恥ずかしがっちゃいけない。

なんでもない風を装って、ズボンを下ろす。

「あぁっ・・・」

なんと。

パンツの前に染みがつき、青臭い臭いが漂ってきた。

これ・・・夢精・・・?

「・・・ぅぅ」

それで翔太はこんなにいやがってたんだ・・・

「だ・・・大丈夫、大丈夫!お姉ちゃん、タオル持ってくるね?」

びっくりした。

朝勃ちまではなんとか平常心でいられたけど、夢精って、あれ、精液だよね・・・

臭い・・・すごい。

まだ鼻に残ってるし、なんかドキドキする。

洗面器にお湯をため、タオルを持って再び翔太の部屋へ。

「・・・じゃ、拭くね?」

パンツを下ろすと、中はさらに臭くて、ドロリとした精液が糸を引いていた。

できるだけ直接触らないように、タオルでおちんちんを包む。

「熱くない?」

「・・・ん」

ごしごしと拭くと、翔太が悲鳴を上げた。

「痛いっ・・・」

「あっ・・・ごめんっ」

おちんちんってすごく敏感って聞いたことがある。

タオルで擦ったらダメなんだ。

どうしよう・・・。

「お姉ちゃんの使ってるボディソープ、持ってくるね?」

あれなら、つるつるするし大丈夫なはず。

それに、石鹸の匂いでこの青い性の臭いが少しはとれるかも。

とはいえ、タオルにボディソープをつけてもやっぱり痛いよね。

手で直接洗ったほうが・・・いいよね・・・

でも、また勃起ちんぽを触らなきゃいけないんだ・・・

男って、一度射精したら小さくなるって聞いてたのに、翔太は夢精してもガチガチのまんまだ。

翔太の前にひざ立ちになり、手に取ったボディソープを泡立てて、治まる気配のない剛直をやさしく包み込む。

「あぅっ・・・」

「だ、大丈夫?手でも痛い?」

「そ・・・そうじゃなくて・・・」

おちんちん、びくんびくん跳ね回ってる。

ちゃんと洗うため、しっかり握らないと・・・

 

 

次へ

 

 - エロ小説, 姉と弟 ,