弟が怪我!手を使えない翔太の朝の準備で・・・2

      2017/03/04

 

弟が怪我!手を使えない翔太の朝の準備で・・・1

弟が怪我!手を使えない翔太の朝の準備で・・・2 now!

 

 


 

 

ぬちゅり、ぬちゅり。

石鹸ですべりがよくなったおちんちんを、両手でやさしく洗う。

パンツを穿いたまま夢精したから、おちんちんの先だけじゃなくて、睾丸の袋のところや、ふとももまで精液がこびりついている。

玉袋のところって、ちょっとさわっただけでもかなり痛いんだよね・・・

竿の部分以上に、ていねいにやさしく。

中にコリっとしたものがあるのがわかる。

押しつぶさないように、そこを避けて、そっと皺をなぞる。

「あぁ・・・お姉ちゃんっ・・・」

切なそうな声。

足がガクガクして、辛そうだ。

「辛かったら、お姉ちゃんの肩に手を置いてごらん?」

ギブスで固めた手をそっと乗せてくる翔太。

指先までぐるぐる巻きだけど、震えが私に伝わってきた。

睾丸、そしてふともも。

やさしく撫で回していると、どうしても目の前のおちんぽが目に入ってくる。

そこは見ているこちらが苦しくなるくらい張り詰めていて、時折上下にぶるん、ぶるんと跳ねていた。

これ、気持ちよくなってるの・・・?

よくよく観察してみると、肉棒の先端には透明な雫が。

そっと拭き取ると、翔太の声が一段と大きくなった。

先端のでっぱり、カリって言うんだっけ。

カリの部分、溝になっているところ、汚れてそう。

指を輪っかにして、くりくりと撫で回す。

「あっあっ・・・」

私の肩に置いた翔太の手に力が入る。

すごく苦しそう。

もうちょっとでキレイになるからね。

できるだけ早く苦しい思いから開放させようと、両手をそれぞれ動かし、おちんちんの先と竿を同時に洗う。

ガチガチに硬くなっているから、竿は洗いやすいかも。

ぬちゅっぬちゅっと卑猥な音を立てるおちんちん。

竿のこちら側を親指で押しながら洗うと、次から次へと先端に雫が溢れてくる。

なんとか中に溜まっているものを出し切ってキレイにしようと、竿を下から押し出すように動かす。

「あぅ・・・お姉ちゃんっ・・・それっ・・・」

翔太が声を上げ、肩を引き寄せる。

ぐいっと引っ張られ、私の頬がおちんちんに密着する。

「ちょっ・・・どうしたの、翔ちゃん?」

ぎゅっと、思わずおちんちんを持った手に力を入れると。

「あぁ・・・もっ・・・ダメっ・・・」

ひときわ切ない声を上げ、ぎゅっと目をつむる翔太。

おちんちんも一瞬大きく膨らんだような・・・と思った瞬間。

どびゅるっ!

「ひゃぁっ・・・!」

どぶっどぶっ

青い奔流が駆け巡り、おちんちんの先端から噴出した。

ドロリとした精液が、一瞬空を舞い、私の顔にふりそそぐ。

驚くほど熱く、粘り気のある精液。

呆然とする私に、申し訳なさそうに翔太が謝る。

「ご・・・ごめんっ・・・」

「・・・あっ・・・う、うんっ・・・大丈夫、だよ?」

我に返り、慌ててタオルで精液を拭き取るが、臭いが残っているような気がする。

こんなにたくさん出るんだ・・・

っていうか、私、弟をイカせちゃったんだ・・・

その後、なんとかおちんちんを洗い流し、着替えをすませたのだが、翔太は目を合わせてくれなくなってしまった。

私も、たぶん翔太と目が合ったら、逸らしちゃうかも。

なんか、すごいイケナイことをしちゃったような気がする。

だけど、翔太の手はまだギブスで使えないんだから、これからも私がなんとかしてあげなくちゃ。

 

 

おわり

 

 - エロ小説, 姉と弟 ,