先輩ウェイトレスのレズいじめ。望まぬ快感に耐える玲奈・・・1

      2017/03/04

 

玲奈の淡い恋シリーズ

 

前へ

先輩ウェイトレスのレズいじめ。望まぬ快感に耐える玲奈・・・1

 

 


 

翌朝。

アルバイト3日目の朝。

 

出勤すると、ウェイトレスたちの目が冷たかった。

店長からプレゼントを受け取ったことが、知れ渡っているようだ。

 

プレゼントされたシースルーの下着を着たまま街中を歩く勇気がなく、かといってプレゼントされたものを放置することもできず、カバンに入れて持ってきていた。

更衣室で、試しに下着を換え、カフェのユニフォームになってみる。

自宅よりも明るい照明のもとで鏡に映してみて、やはりこの姿で客席に向かうのは無理だと諦めた。

コンビニの隅で売られているえっちな雑誌のグラビアみたいな、エロい雰囲気が漂っている。

乳首が透けていることだけでなく、全体の雰囲気が卑猥に感じられる。

(私はまだ高校生だし、こういうのはやっぱり無理・・・)

 

店長には後で謝ることにして、下着を外そうと考えていると、先輩ウェイトレスが更衣室にやってきた。

鋭い目つきの土屋先輩と、スラリとした長身の平田先輩だ。

 

「アンタ、それ店長からもらったやつよね?」

まじまじと見られた玲奈は、あわててブラウスの前を掻きあわせた。

 

「隠すなよ!」

土屋が、鋭い目つきをさらに細めて、ドスの利いた声で叫ぶ。

注文を取るときは、おっとりしたやわらかい口調で、目つきとのギャップが人気だった先輩だ。

だが、そのやわらかい口調は消え去っている。

 

平田に目配せすると、強引に玲奈の腕を捻り、羽交い絞めにする。

「やめてください・・・」

 

年上に怒鳴られる経験がほとんどない玲奈は完全に萎縮してしまっている。

土屋は、震える玲奈のブラウスをはだけ、シースルーのブラと巨乳を剥き出しにする。

 

はじけるように弾む二つの巨鞠に、怯んだよな表情をする土屋。

「っ・・・。そのデッカい胸、ホンモノなんだ」

負け惜しみのようなセリフの彼女の目には、めらめらと嫉妬の炎が渦巻いている。

 

「ちょっと胸が大きいからって、いい気になってんじゃないわよ」

淡いピンクの桜貝ネイルの指先が、玲奈の乳房に食い込む。

「いっ・・・痛いですっ・・・」

 

「このブラだけじゃないでしょ?パンツも貰ったんじゃないの?」

そう詰られ、答える間もなく、背後の平田がスカートを捲り上げる。

 

「やっぱり。あんた、変態なんじゃないの?なにこのスケベな下着」

土屋の細い指が、玲奈のTバックの奥をまさぐる。

 

辛うじて隠されている秘部を確認するかのようになぞりあげる。

「ほとんどヒモだけ。いやらしい」

「やめてください・・・」

なんとか逃れようと、腰を捻るが、それがいやらしいダンスとなってしまい、先輩たちから嘲笑される。

 

「アンタ、店長とデキてるんだろ?それでこの下着貰ったんだろ」

「ちが・・・そんなことありません!」

 

「正直に言えよ。この下品な胸でタラシ込んだんだろ?たかがバイトの新入りのくせに、私たちをバカにしてんだろうが」

「そうよ。このいやらしい下着で、店長にえっちしてもらおうとか考えてるんでしょ!」

とんでもない言いがかりを付け出した。

「そんなわけないです!」

 

「寝たんだろ?」

土屋は睨み付けながら、秘豆を弾き、秘裂へと指を蠢かせる。

「私・・・男のひととは、まだ・・・」

海でボーイフレンドと事に及びそうにはなったが、相手が暴発して、結局は未だにバージンのままだ。

 

だが、二人には信じてもらえなかった。

「なにカマトトぶってんのよ」

「こんなえっちな身体で、男と寝たことがないわけないだろ。本当かどうか、調べてやるよ」

その目は、憎しみと嫉妬に仄暗く揺れていた。

 

「先輩には正直になるのは、常識だよ。白状させてやる」

土屋が股間、そして平田が胸へ、二人がかりの恥辱の責めが始まった。

 

巨乳を下から持ち上げ、乳首を摘む。

感じてはならないと思っていても、その刺激で紅く勃ってしまう。

 

薄いシースルーのブラ越しに、こりこりと嬲られ、恥ずかしく痺れる甘い疼きが広がっていく。

感じまいとすればするほど、息は乱れ、顔は上気していく。

 

濡れ衣を着せられ、無理やりイジメのような仕打ちを受けている。

頭ではそれを悔しく、恥ずかしく思っているのに、身体はまったく違う反応を示してしまう。

 

一人で慰めたときとは違う、今までにない鋭く甘美な感覚が胸の先端から全身へと広がっていく。

玲奈は喘ぎ声を抑えるだけで必死だった。

 

 

次へ

 

 

 

 - エロ小説, レズ , , , , , ,