玲奈の淡い恋。彼氏とはじめての海へ・・・6

      2017/03/04

 

玲奈の淡い恋シリーズ

 

玲奈の淡い恋。彼氏とはじめての海へ・・・5

玲奈の淡い恋。彼氏とはじめての海へ・・・6 now!

 

 


 

 

「いくぞ・・・」

ギラギラした目つきで、岸本が迫る。

彼にとっても、童貞卒業の記念すべき瞬間だ。

抑えきれない欲望とともに腰を突き出す。

「痛いっ!そこじゃないっ!」

「へ!?」

玲奈の悲鳴に、岸本は驚いて腰を引く。

まんこを凝視するのが恥ずかしく、ちんこの感覚を頼りに秘裂を探る。

柔らかく、熱い感触は、たしかにそこで間違いないはずだ。

彼は脂汗と冷や汗が噴出し、一気にパニックに陥った。

「・・・もっと、下だよ・・・」

「ここ?」

「もっと下・・・」

何度か先端で彼女の秘唇を突いたあと、焦れた玲奈がそっと彼氏の剛直に手を這わす。

暴発寸前だった彼のモノは、敏感な先端が繰り返し女の部分に触れて昂まっていたうえ、予期せぬ柔らかな彼女の手の感触で、ついに決壊してしまった。

「あぅっ・・・」

まだ挿入してもいないのに、童貞ちんぽはあっけなく射精してしまった。

「ひっ・・・!?」

秘部に熱い迸りを感じた玲奈は、中出しされたのかと慄く。

「ご・・・ごめん・・・まだ入れてないのに・・・」

挿入未遂でしょぼくれる彼氏を見て、玲奈は急にテンションが醒めてしまう。

急にこれまで感じていなかった平常心が戻ってくる。

何してるんだろう。

誰に見られるかわからないこんな場所で。

こんな海辺で、外で、全裸で。

こんな明るい場所で、人が来るかもしれないのに。

誰にも見せたことのない裸、見られちゃうかもしれないのに。

羞恥心が戻ってきた。

大慌てで水着を着けなおし、海へ飛び込む。

必死で股間についた彼の精液を洗い流す。

「あ・・・玲奈・・・?」

おろおろと声をかける岸本。

「もうやめる。私、帰る」

きっぱりとした拒絶の言葉。

失敗した情けなさや恥ずかしさで、彼氏は「もう一度」と言い出すことができなかった。

「やっぱり、嫌。ついてこないで」

セックスどころか、同行すら断られた岸本。

呆然と立ち尽くし、シャワールームへ走る玲奈を見送った。

結局、岸本は夕方誰もいなくなるまで待ち続け、彼女が一人で帰ったことに気付き、失意の中泣きそうになりながら一人で帰宅したんだった。

もともと、なんとなく始まった付き合いで、燃え上がるイベントなどもなかった二人にとって、このアクシデントは致命的だった。

玲奈は全裸を晒し、秘部まで見せてしまった羞恥と、自分の肉体に欲情し、巨乳だ巨乳だと連呼する彼氏の人間性を疑い、声をかけなくなった。

岸本も、挿入前に自滅した恥ずかしさと情けなさで、自分から電話をすることすらできなかった。

互いに話しかけることもできないまま、二人は自然消滅となってしまったのだった・・・

 

 

おわり

 

 - エロ小説 , , , ,