家族旅行だ!えっ聡と相部屋かよっ・・・2

      2017/03/04

 

律聡シリーズ

 

家族旅行だ!えっ聡と相部屋かよっ・・・1

家族旅行だ!えっ聡と相部屋かよっ・・・2 now!

家族旅行だ!えっ聡と相部屋かよっ・・・3

家族旅行だ!えっ聡と相部屋かよっ・・・4

 

 


 

 

「なっ・・・聡っ・・・」

キス・・・

ファーストキスなのにっ・・・

「んむっ・・・」

どさり。

起こしていた上半身を、ふとんに押し倒された。

「ばかっ・・・よせって・・・」

何度も制止の言葉をかけるけど、そのたびに口を塞がれる。

「んんっ・・・」

おっぱい、揉まれてる。

乳首がびんびんになってる。

きっと、寝てる間もずっとしてたんだ。

聡のヨダレでヌメったソコを、指先の拙い動きで弄られる。

なんで、こんな・・・

寝てる間に、身体が反応してる?

ちょっと乳首を弾かれるだけで、上半身が跳ね上がるくらい反応してしまう。

「さとしぃ・・・」

やっと口を離した聡に、恨みのこもった視線を向ける。

「いいよね、姉ちゃん・・・」

いいわけあるかぁ!

「ちょっおいばかっ!そっちはホントだめだって!!」

聡がどんどん下がっていく。

そっちは、マジでヤバい。

って、私ズボン穿いてない!?

脱がされた?

やば、見られるっ

なんとか聡の動きを止めようと肩を掴んだけど、全然止まってくれなくて。

「姉ちゃん・・・いい匂い・・・」

「うぁぁっ・・・」

恥ずかしい・・・

弟に、まんこ見られた。

おっぱいも恥ずかしかったけど、下はそれ以上だ。

聡の頭を押しのけようとするけど、さっきまでの快楽が残っていて全然力が入ってない。

「ふともも・・・」

「ひぁんっ・・・舐めちゃ・・・」

うわぁ・・・びりびりする。

こんな、弟に無理やりされてるのに・・・

隠そうと、ふとももをぎゅっと閉じるけど、聡の頭はすでにねじ込まれていて。

「ああ、だめだめだめっホント、やめろって・・・」

じりじりと股間に聡の顔が近づく。

「っアッ―――」

ペロりと、股間の神経が集中しているポッチを舐められた。

声にならない声って、こういうのを言うんだろう。

あまりの快楽に、ノドから空気だけが漏れる。

私、なんでこんなに気持ちよくなってるんだよぅ。

「姉ちゃん、すごい感じてる・・・」

「感じてなんっくぅっ・・・」

「さと・・・あっ・・・おまえっ・・・、ホンぁ・・・、姉ちゃんぅ・・・怒るぞっ!」

喋ろうとするたびにクリを舐めあげられ、息も切れ切れになる。

「姉ちゃんのココ、開いてきてるよ・・・」

「っ・・・!うるさいっいい加減にぃっあっああっんっやめっあっあああっあっ!!」

なんだこれっ!

頭の中がスパークした。

これ、やばい。

「・・・姉ちゃん、イっちゃったんだ・・・」

「・・・え・・・」

これがイクってやつ、なのか?

私、弟にイカされたんだ・・・

うわぁ、どうしよう・・・

こんな初体験、誰にも言えないよな・・・

「・・・って、おい聡ぃ!終わりだろっ・・・何してっ・・・」

え、嘘だろ?

聡、それ・・・ちんこ握って、何する気だよっ・・・

 

 

次へ

 

 - エロ小説, 姉と弟 , ,