家族旅行だ!えっ聡と相部屋かよっ・・・3

      2017/03/04

 

律聡シリーズ

 

家族旅行だ!えっ聡と相部屋かよっ・・・1

家族旅行だ!えっ聡と相部屋かよっ・・・2

家族旅行だ!えっ聡と相部屋かよっ・・・3 now!

家族旅行だ!えっ聡と相部屋かよっ・・・4

 

 


 

 

「やっ・・・ほんとっ・・・だめっ・・・聡ぃ・・・」

やばい、挿入れられる・・・

初めてイった身体は全然言うことをきかなくて、這いずるように逃げる。

「姉ちゃんもイったじゃん。いいでしょ?」

「ばかっいいわけあるかぁ・・・私、まだ・・・」

「え!?姉ちゃん、処女なの・・・?」

「そ・・・そうだよっ・・・」

「そっか・・・」

聡がちんこを握っていた手を離した。

よかった、やめてくれるんだ。

「じゃ、もっと気持ちよくしないとね」

ちっがーう!!

なんでだよぅ・・・

「あっそこっだめだってぇ・・・」

またクリトリスを舐め上げられ、静まりはじめていた身体が再び熱を持つ。

「姉ちゃんが入れてって言うまで、我慢する・・・」

「絶対言うかっバカっ・・・」

何度イカされたって、弟のちんこで初体験なんて、絶対いやだ。

入れて欲しいなんて、言うもんか。

何時間経っただろう。

時計を見る余裕もなく、何度も何度もイカされて、考える力もなくなって。

「どう、姉ちゃん?入れたいんじゃない?」

「ほんっと・・・、ふざけんなぁ、さとしぃ・・・」

認めるわけがない。

何が悲しくて、弟にむかって入れてなんて懇願しなくちゃならないんだ。

「強情だなぁ。じゃ、入れてって言うまで、イカせてあげないよ?」

「・・・あんっ・・・勝手に・・・し・・・うぁ・・・」

イクの、確かに気持ちいいけど、身体が苦しくなる。

だから、イカせないってのは、私にはむしろありがたい。

・・・って、思ってた。

「・・・あぅ・・・あっ・・・あっあっああっ・・・」

くぁ・・・イキそうだ・・・

「あぁっ・・・ぅくぅ・・・っ!・・・え?」

最後の最後で、聡が離れた。

イク直前のタイミングで。

ゆっくりゆっくり、悦楽の炎が静まっていく。

「あっまたっ・・・」

私が落ち着き始めたのを確認して、また股間に顔をうずめる聡。

聡の愛撫がだんだんウマくなってるのか、私の身体がおかしくなってるのか、どんどん絶頂までのスパンが短くなっていく。

イキそうになると、止められて、少ししたらまたイキそうにさせられて。

「あはぁ・・・さと・・・しぃ・・・」

「どうしたの、姉ちゃん?」

「・・・っ!?な、何でもないっ」

「・・・そう」

「ああっ・・・そんなっ激しくぅ・・・」

私の弱いところ、どんどん探り当てられてる。

「ぁぁ・・・クッ・・・イクッ・・・ちょっ・・・あぁ・・・」

また止められた。

苦しい。

いっそ、イカせてくれたほうが、ラクだった。

直前で止められるのを繰り返されて、私の精神は焼き切れそうだ。

「・・・もぅ・・・どうにかしてくれよぅ・・・」

「どうにかって?」

「・・・っ・・・」

「ほら、イカせてって、言ってよ・・・」

もう、だめだ。

これ以上我慢なんて・・・

「・・・イ・・・いかせ・・・て・・・」

ああ・・・

言っちゃった・・・

もう、戻れない・・・

 

 

次へ

 

 - エロ小説, 姉と弟 , ,