パタヤはランウェイがおすすめ!日本人向けロリかわいい少女がいっぱい!

   

 

パタヤ・ゴーゴーバーNo.1の呼び声

高い、ランウェイ(俺調べ)

 

パタヤはヨーロッパ系ファランの率が

高く、街中にはロシア語も多く

見掛けます。

 

当然、夜の街もファラン向けが多く

なっており、日本人の嗜好からは少し

ケバいと感じるほどの派手な子ばかり。

 

そんななか、ランウェイは日本人を

ターゲットにしたいいお店です!

 


 

ランウェイの場所

 

場所はウォーキングストリートの海側、

有名なバカラやクレイジーハウスの手前、

センセーションズの横です。

 

北からウォーキングストリートに入り、

右手(海側)のお店を眺めながら

歩いていくと見つかります。

 

 

日本人向け嬢が多い!

 

ランウェイの最大の特徴は、日本人好みの

女の子が多いところです。

 

日本人をターゲットにしていると言われ

ると、ボッタクリなどを心配してしまい

ますが、ランウェイは良心的です。

 

 

女の子の特徴1

 

ロリかわいいです。

 

セクシー系の衣装・メイクの多いパタヤ

ですが、ロリロリした子が揃っています。

 

※そのぶん、おっぱいもちっぱいの子が

そろっています。

 

だがそれがいい

 

 

雨が降っていないときはお店の前で

チガガールのような青いスカートに、

白いシャツの子たちが客引きをして

います。

 

この中にもジュニアアイドルレベルの

子が混じっていますので、気になる子が

いたら目線を数秒合わせてニコっとして

みましょう。

 

すごい勢いで近寄ってきます(笑)

 

 

女の子の特徴・2

 

客引きの子とは別に、ステージで踊って

いる子もいます。

 

こちらは黒いTバックに白いブラ。

 

すけすけのハゴロモみたいなのを着て

います。

 

どちらかというと踊っている子のほうが

年齢は大人びて見えますが、クール系

痴女といった感じで、日本人好みの子が

多いですね。

 

イメージでいうと柴咲コウとか江角マキコ

(の若い頃)とか。

 

個人的にはツリ目美少女がヒットしま

した。

 

もちろん全員ツリ目ではないので安心

してください(笑)

 

 

ソロで入る方法

 

ランウェイは、雨の日以外はたくさんの

嬢が入り口前で客引きをしています。

 

特に日本人をターゲットにしているため、

近くを通るだけで目の前に立ちふさがり

ます。

 

客引きの女の子と一緒に入ると、その子が

隣に座って飲み物を催促してきます

客引きの子もかわいい子が多いので、

そこから選んで一緒に入ってもいいの

ですが、中でもっとかわいい子を指名

したいのであれば、一人で入りましょう

 

英語やタイ語で断る必要はありません。

 

日本語で、「大丈夫、一人で入る」と

言いながら、手のひらを前に出して

断るジェスチャーをしましょう。

 

それでも嬢は着いてきます(笑)

 

 

今後絶対にその嬢を呼ぶことがないので

あれば、隣に座っても無視しましょう。

 

目線どころか、顔すらもそちらに向け

なければ、そのうちいなくなります。

 

 

横につける嬢

 

客引きで気に入った子がいれば、そのまま

一緒に入れば同席してくれます。

 

踊っている嬢を横に呼びたい場合は、

その子をガン見して、目が合ったら

ニコっと笑ってみましょう。

 

相手も笑顔になってくれたらOK。

 

ちょっと手招きすれば来てくれます。

 

※嬢にも選ぶ権利があるため、あまりにも

小汚い格好をしているとスルーされることも。

 

ただ、ブサイクやハゲ、チビなど見た目の

問題で避けられることはほぼないはずです。

 

清潔感のある服装だけ気をつけましょう。

 

 

また、ランウェイは縦長なお店で、奥で

踊っている子はこちらに気付かないかも

しれません。

 

そのときは、ママさん(?)やボーイに

お願いしましょう。

 

ママさんはどうみてもオカマですが、

明るくノリのいい人です。

 

 

値段(ドリンク)

 

メニュー表の写真を取らせてもらえな

かったため、記憶違いがあるかもしれ

ません。

 

ですが、他のゴーゴーバーと基本的に

大きな違いはありません。

 

ドラフトビールが70バーツ前後。

 

ソフトドリンクが115バーツ。

 

ボーイやママさん、そして女の子たちは

飲み物の値段でぼったくることはなく、

メニューがほしいと言えばすぐに持って

きてくれます。

 

とりあえず安く飲むならドラフトビール

一択です。

 

酔いを醒ましたいならソフトドリンク

ですが、ドラフトビールより高いので

注意が必要です。

 

メニューには「ソフトドリンク」として

書かれておらず、口頭でコーラやスプライト

を選択するシステムでした。

 

 

飲み物・レディースドリンク

 

一人で飲むのもいいですが、せっかく

かわいい嬢が揃ったランウェイですので

女の子を横につけたいでしょう。

 

女の子へのドリンクは、自分の飲み物

よりもちょっとだけ高いです。

 

といっても、どれも170B(600円)ほど

です。

 

女の子もガバガバ飲んだりしないので

1,2杯で十分たのしめます。

 

 

ランウェイのデメリット トラップと回避方法

 

個人的に好みの嬢が多いため気に入って

いるランウェイですが、いくつかトラップ

が存在します。

 

 

トラップ1・ツーマンセル

 

ランウェイは呼び込み嬢が完璧な

ツーマンセルで攻めてきます。

 

かわいい子に話しかけたはずなのに、

いつの間にかオトモダチがやってくる

のです。

 

両手に花で飲む場合はそれでもいいの

ですが、持ち帰るのは普通一人ですし

店内でちょっとしたエロいことをする

にも一人いれば十分です。

 

ということで、狙った女の子にだけ、

ドリンクをおごってあげましょう。

 

かなりしつこくドリンクを要求して

きますが、狙った子に「キミだけに」

と言い続ければ大丈夫です。

 

狙った子自身はドリンクを奢っていれば

不機嫌にはなりません。

 

両方かわいい場合、片方に「明日キミを

呼ぶよ」とでも言っておけばいいでしょう。

 

 

トラップ2・ママさん(パパさん?)

 

どうみてもオカマなママさんがドリンクを

催促してくることがあります。

 

「ママさんだから奢って」と、意味の

わからない理屈で言い寄ってきますが、

かわいくないどころかモンs

 

断ったからといって極端に不機嫌には

ならず、嬢にだけ奢っていても気さくに

喋ってくれるナイスガイなママさんです。

 

 

パタヤ滞在期間が長く、何度もランウェイ

で遊ぶのであればママさんに奢っておく

といろいろ融通してくれます

 

短期滞在者は狙った子にだけ、お金を

使いましょう。

 

 

トラップ3・浮気がしにくい

 

上述の通り、ランウェイは非常に狭い

です。

 

そのうえ、嬢のサービス精神が高く、

メガネをしたり服装を変えて翌日

再来してもバレます。

 

ランウェイは日本人好みのロリっこが

たくさんいるので、他の子とも遊び

たいと思って行っても最初についた子が

「私の客よ」とばかりに横に来ます。

 

もちろん断って「今日は他の子と」と

言っても大丈夫なのですが、断った嬢と

深い仲になることは諦める必要があり

ます。

 

 

バーファインと嬢へのチップ

 

バーファインは1000Bでした。(2017/7時点)

 

女の子へのチップは嬢によりかなり差が

あるようで、安い子は最初から1400Bと

言ってくる場合もありました。

 

基本的には2000B+タクシー代100B程度を

考えておけば安心です。

 

 

値切るべきか

 

個人的には、相場より極端に高いボッタくり

価格を提示してくる子は、仮に値切ったと

しても、食事やプレゼントなどの催促がすごい

ため、その場で値切ったとしても後々面倒です。

 

値切るのではなく、その子を諦めましょう。

 

 

また、一般的な相場である2000バーツ程度の

提示に対し、しつこく値切る行為は、嬢から

「貧乏人」というレッテルを貼られるために

付き合いが続きません。

 

一夜限りでいいならば、貧乏人と呼ばれることを

覚悟の上、500バーツくらい値切ってみても

いいでしょう。

 

ですが、後々も遊びたいと考えるのであれば、

わずか1000円程度を必死で値切るのは得策では

ありません。

 

我々にとっての1000円と、彼女たちにとっての

1000円は重みが違います。

 

度量の広いところを見せましょう。

 

 

 

最後に

 

ランウェイは日本人好みのロリかわいい

子がたくさんおり、日本人をターゲット

にしているため、日本語を喋れる嬢も

います。

 

最初の二人一組でお酒をたかりにくるの

さえスルーできれば、とてもいいお店です。

 

パタヤでケバケバしい嬢に飽きたら、

ランウェイで遊んでみましょう。

 

 

 

 - タイ, 風俗体験談