オナニー大好きしずくちゃん、夜の日課は・・・

      2017/03/04

 

 

えっちなこと、興味はある。

だけど、男の人と本当にそうなるっていうのは、なんだか想像つかない。

クラスの男子は小学校から変わってないし、他に男って言ったら、お父さんか学校の先生くらい。

漫画みたいに、かっこよくて若い先生がいればいいんだけど、うちの学校はダサくてキモい先生ばっかり。

あーあ。

高校に行ったら、ステキな先輩と恋に落ちたりするのかな。

最近、未来のカレシを想像して、ひとりえっちにハマってる。

友達とかと話すと、ひとりでシても最後までイケない子が多いみたい。

だけど、私はこの間、はじめてオーガズムっていうのを体験した。

聞いていたよりすっごくて、一気に高いところまで飛んで行って、そのまま落下していくみたい。

他では味わえない快楽に、完全に虜になってる。

今では、毎日一回はしないと治まらなくなっちゃった。

さすがにヤバいって思って、オナニーしなかった日があったんだけど、次の日は一日中悶々として、授業中に気づいたら股間に手を伸ばしてた。

誰も気づいてなかったみたいだけど、そんなになるくらいだったら、家で済ませておいたほうがいいよね。

っていうことで、今日も日課のオナニー。

まだ初体験を済ませてないから、ナカに入れるのは痛い。

一度試したことがあって、血が出るかと思った。

こんなんで本当にセックスできるのかな。

もしかして、違うところに指入れようとしたのかも。

そんなこともあり、私は膣よりクリトリスを弄るのが好きになった。

体中の神経が一箇所に集まったようなソコは、パジャマの上から擦るだけでもジンジンして、あっという間にパンツにシミができちゃう。

えっちなシミはぬるぬるしてて、それを指に塗りつけてクリトリスを触ると、目の奥がチカチカするような快感になる。

最近ふくらんできたおっぱいは、まだあまり気持ちよくない。

先っぽのさくらんぼは、触ると変なカンジ。

下でいっぱい気持ちよくなってるときにつまむと、ドキドキする。

気持ちいいってほどじゃないけど、なんかフンイキがいい感じ。

「あぁん・・・」

誰に教わったわけでもないのに、身体を弄るとヘンな声が出る。

あんまり大きくすると、家族に聞こえちゃうかもだけど、身体に火がつくと声が抑えられなくなる。

特に、最後の絶頂の瞬間は、意識がトんじゃうから、どのくらい声が出てるのかわからない。

ああ、キモチイイ。

全身がピンと張り詰める。

「ぅあ・・・っくぅ・・・」

あ、イキそ。

「あっ・・・うぁっ・・・」

クリトリスを下から押し上げるように圧迫すると、一瞬で高みにのぼっちゃう。

「あはっ!イクっ・・・!!」

身体の緊張が最高潮に達し、そこから一気に脱力。

イクって、言葉に出すと気持ちよさが倍になる。

最近それを知って、最後の瞬間につぶやくのがクセになっちゃった。

おまんこがえっち汁でぐちゃぐちゃだけど、気だるくて動けない。

少し休んだら、ちゃんと拭かないと・・・

 

 

おわり

 

 - エロ小説, オナニー ,